【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信していきます。

出版社の取材を受けてきました!

どうも、とおちゃんです。

実はちょっと前に書いた記事に対してお問い合わせがありまして、某出版社の方からぜひ取材をしたいとのことで依頼がありました。

 

www.to-channel.net

 出版社の方の目に止まったのはこの記事でして、どうやら生理についての書籍の出版を考えていて、その中にシングルファザーと娘の生理についての体験談を掲載したいので話を聞かせて欲しいとのことでした。

ブログを書き続けていて、いつかこういうオファーが来たらいいなと思ってはいましたが、まさか娘の生理について取材を受けるとは思ってもみませんでした。

正直上の子の生理も始まったばかりで何もわからない状態だし、体験談といっても大してないのですが、その何もわからず不安な気持ちなんかを聞かせて欲しいということだったので、せっかくの機会だしお受けすることにしました。

最初騙されてないかとちょっと心配でしたが、何度かメールでやりとりさせていただいて、しっかりした企画で興味もあったので、むしろこちらからぜひお願いしますという気持ちになりました。

娘の生理のことは何度かブログで書いていますが、父子家庭なので何にもわからずとても不安だったことや、どう対応したら良いかわかリませんでした。

同じ父子家庭で娘を持つお父さんに読んでもらいたいという気持ちもあって書いた記事ですが、思いがけない形で取材を受けることになり、ブログを書いてきて良かったなあって思いましたね。

 

先日出版社に出向いて取材を受けてきたのですが、出版する書籍は生理の悩みや体験をマンガ形式で紹介する内容とのことで、当日はマンガを描く方も同席しての取材となりました。

初めての出版社と初めての取材に緊張しまくりだったのですが、担当の方もマンガ家の方も話しやすい方だったので、あっという間に終わった感じでしたね。

ちゃんと話せていたかどうか疑問ですが、とりあえず取材が終わってホッとしました。

緊張していましたが、同時にこんな機会は滅多にないので、ドキドキしながらも楽しい時間でした。

とおちゃんのエピソードがマンガ形式で紹介されるということで、マンガの参考にするのに最後に写真を撮ってもらいました。

子供達の写真も提供したので、どんなマンガになるのか今から楽しみです。

本は9月頃出版予定とのことなので、楽しみに待ちたいと思います!

f:id:gottuan120:20200212150029p:plain

でも、もしかしたらボツになるってこともあるかもしれないですよね。

何しろ人生初の取材だったもので舞い上がってしまいまして、めっちゃ嬉しかったのでご報告させていただきました。

ブログ書いたりして何かしら発信し続けていたら、誰かの目に止まって評価されることもあるってことだと思うので、これからも書き続けていきたいと思います!

                

とおちゃんねるでした。