【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信していきます。

週末作り置き生活の効果

どうも、とおちゃんです。

この4月から始めた週末作り置き生活も1ヶ月が経とうとしていますが、思った以上にいい感じにいっています。

何が良かったかと言うと、冷凍食品とかに比べて自分が作った方が美味しいのと、安く済むと言うのが大きいですね。

もちろん冷凍食品でも美味しいおかずは多いですが、どことなく冷凍感というか食感がいまひとつなものが多い気がするので、やはり手作りの方が美味しく感じるんですよね。

あとは料理の腕が上がりましたね。

今まで作らなかった和食系の料理や、日持ちする料理を作ることで、料理の幅が広がったと思います。

しかも子供に好評で、子供が意外と和食好きだと気づきました。

それから週末に作り置きすることで、平日作らなくていいっていうのが一番大きいですね。

そもそも平日は自分が帰るのが遅くなるので、子供達が自分たちで夕飯を食べられるように作り置きを始めたのですが、平日作らなくてよくなった分家事の負担が減って楽になりました。

今までは仕事から帰って夕飯を作っていたので、疲れて帰ってきても作らなければいけないというのが負担だったのですが、今は帰ったら子供達が用意してくれているので、めちゃめちゃ楽になりました。

しかも上の子が味噌汁とサラダを作っておいてくれるので、本当にとおちゃんは何もしなくてよく、洗い物だけやればいいので楽なんです。

まあその分週末に作るのは大変なのですが、それを差し引いてもメリットはあると思います。

ただ1週間分作り置きするとなると、日持ちも考えないといけないし、分量もかなりの量になるので作るのに時間がかかって大変なんですよね。

半日くらいかかる時もあり、これを何とかしたいなと考えています。

短時間でたくさん作る方法がないか模索中ですが、冷凍弁当やレトルト食品も併用して使うようにすればいいかなと考えています。

無理に1週間分作り置きするのではなく、週の後半は冷凍食品を使うとか、お惣菜を買って帰るとか、そんな感じでフレキシブルにやった方がストレスもなくていいかな。

正直毎週末メニューを考えたり、必要な材料を考えたり、何時間もかけて作るのがしんどくなってきたところもあるので、臨機応変にやれればいいかなと思っています。

f:id:gottuan120:20190611141305p:plain

作り置きは大変ですが、メリットも多いし、何より子供達が美味しいと言って食べてくれるので励みになってます。

毎日料理するって本当に大変ですよね。

作るだけじゃなくて献立考えたりするのも、食材を買い出しに行くのも面倒だし、作るのも時間がかかるし、家事の中でもかなりの負担がありますよね。

そういう負担を少しでも軽くするような工夫をこれからも考えていきたいと思います。

              

とおちゃんねるでした。