【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信していきます。

なぜ生理の話はタブーなのか。

どうも、とおちゃんです。

先日上の子の生理が始まり、無事に対処できましたっていう記事を書きました。

 

www.to-channel.net

 生理はいつくるかわからないので、事前に準備しておいたことと、上の子との関係性が良かったので、始まったことを伝えてくれたことが功を奏したと思います。

そもそも日本では性の話に付随して生理の話を人前ですることをタブーとするような空気がありますよね。

男の人の前では恥ずかしいから言えないとか、家族や恋人の前でも生理の話ってほとんどしませんよね。

女性同士ならするのかもしれませんが、とおちゃんは男兄弟しかいなかったし、子供の頃から今に至るまで、生理にことを教えてくれる大人はいませんでした。

なので生理に関する知識って保健体育の授業くらいの知識しかなく、生物学的な知識はあっても日常生活においてどのような影響があるかとか、どのようにして始まりどのようにして終わるか、出血の量はどのくらいあっていつまで続くのかなど、具体的なことは全く知らないんですよね。

そんな中父子家庭は娘の生理に対処しなければいけないので、めちゃくちゃ不安で、どうしたらよいかわからないわけです。

今回上の子は生理が始まったことを隠すことなく話してくれましたが、人によっては恥ずかしくて言えないと思って言わなかったり、隠し通そうとする子もいるんじゃないでしょうかね。

男親には言い難いってこともあると思いますが、生理のことを話すことがいけないことみたいな固定観念があるのも事実かと思います。

うちの母親も生理の話を家族の前でしたことないですし、昔からそういう話を人前でするのはよくないって言われてきたんじゃないですかね。

中学生くらいになると女子が体育休むと男子が「お前生理か」って言ってからかってきたりするので恥ずかしい思いをしたっていう人もいますよね。

思春期になると「生理=恥ずかしい」みたいな固定観念ができてきて、人前で話さなくなるんじゃないですかね。

「性的なこと=恥ずかしい」みたいなのもあって、「生理=恥ずかしい」になっちゃってるのかもしれません。

本来生理は人が子供を産むための大事な機能であって、恥ずかしいことでも何でもないはずですよね。

それをからかったり、性的な目でみたりする人がいるから隠すようになってしまったんじゃないでしょうかね。

今そういう生理についての理解を広めようとか、生理の貧困に対応しようという動きが社会的に広まっていますよね。

自分も娘の生理に直面するまで、女性の生理に関する理解は薄かったと思います。

娘の生理が始まって、娘と一緒に生理について調べるうちに、理解が深まった気がしています。

知らなかったこともいっぱいあって勉強になるし、娘への理解も深まるので、世のお父さんたちも勉強してみてはいかがでしょうか。

f:id:gottuan120:20200212150029p:plain

上の子が生理が始まったことを伝えてくれたのは、普段の関係性が良かったこともあるのですが、始まる前からもうすぐ生理が始まるから始まったらこうしようとか、誰に相談しようとかを娘と話し合っていたことが大きかったと思います。

性的な話だからとタブー視したり恥ずかしいと思うことなくオープンに話をしたことで、娘も恥ずかしがることなく伝えてくれたんじゃないかと思います。

女性が男性に対して生理の話をするのは恥ずかしいことと教えるのは、これからの時代は必要ないんじゃないかなって思うんですけど、まだ世の中はそこまでオープンになってないので、娘が恥ずかしい思いをするかもしれない不安もあります。

もう少し世の中が生理に対する理解を深めて、生理の話をするのが恥ずかしくないような空気になったら良いなと思います。

               

とおちゃんねるでした。