【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

ブログを書くことは種を蒔くこと。

どうも、とおちゃんです。

よくブログが育つという表現を耳にするのですが、それってとても的を得た表現で、とおちゃんはブログを書くことは種を蒔くことだと思っています。

ブログを始めた頃は、ブログで一発当ててやろうとか、収益化して自動的に稼げるようにしたいとか野望があったのですが、いっこうにpvは増えず落ち込んでいましたね。

素人の書くブログなんて誰も興味ないし、記事の内容もこれといっておもしろくもなければ、爆発的に人気になるなんて無理な話です。

しかもアドセンスにも通らなかったので、途中からどうでもよくなって、自分の書きたいように書くようになりました。

なので内容の薄い記事が多いですし、愚痴や不満なんかもたくさん書いてきました。

そんな記事でもコツコツと更新してきたことで、読者の人数も増えてきて、pvも少しずつ増えてきました。

たまにバズることはあっても、月に何万pvもあるようなブログに比べれば、とおちゃんねるなんて豆粒みたいなもんですよ。

でもね、コツコツと続けたことによって、アドセンスに合格し、pvもジワジワ増えてきて、豆粒から芽が出はじめているんですよ。

まさにブログが育っている。

記事数も400を超えていて、その400の種が少しずつ伸びているのだとすれば、いつか一気に花が咲く可能性もあると思います。

ブログを書くことはまさに種を蒔く行為であり、蒔いておけばいつか芽を出す時がくると思います。

もちろんその間ちゃんと水をあげ続けなければいけませんが、記事を更新し続けていれば、だんだん成長して良い記事が書けるようになるし、たくさん記事があれば誰かの目に止まる可能性がそれだけ増えることになります。

そう、だから種を蒔くことは可能性を作ることでもあります。

何かしらの種を蒔けば、かぼちゃになるかもしれないしメロンになるかもしれません。

でも何もしなければ何も生まれません。

とおちゃんはブログを始めて2年半が経ちますが、なかなか結果が出ていません。

でも5年後10年後はわかりません。

とおちゃんには秀でた才能や技術があるわけではないので、続けることでしか結果が出せないんだと自覚しています。

そして続けることもまた才能の一つなのかなって思っています。

f:id:gottuan120:20200212144600p:plain

とにかく今はまだひたすら続けていくことを考えていきたいと思うのですが、蒔いた種が芽を出す瞬間ってなんとも言えず嬉しいですよね。

そんな感動を味わうためにも、これからも書き続けていきたいと思います。

              

とおちゃんねるでした。

 

スタンドfmで配信中です。よかったら聞いてみて下さい😄