【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

今年の夏は寂しいです。

どうも、とおちゃんです。

下の子が新潟の実家に行ってしまったため、今はとおちゃんと上の子の二人暮らしになっています。

上の子は午前中は学校の補講があり、午後は部活で1日学校に行っているため、夏休みといっても通常通りの時間の過ごし方をしています。

しかし下の子がいないとかなり寂しいですね。

今まで下の子だけがいないっていう状況がなかったので、あまり感じなかったのですが、いないと存在感が大きかったんだなあと感じます。

とおちゃんも上の子もあまりしゃべる方ではないので、下の子がいないと家の中が静かです。

下の子は一家のムードメーカーで、明るくしてくれているんだなあとあらためて感じました。

 

さて、下の子は実家に行きましたが、上の子ととおちゃんは今年は帰省しないことにしました。

東京で感染者数が増えている影響で、実家への帰省を控えるようにと都知事から御達示がでましたし、実家の親からもとおちゃんは都心に通勤しているので危ないから来るなと言われています。

上の子だけでも行かせようと思ったのですが、上の子自信も感染したくないから行きたくないと言うので、今年は帰省せず自宅で夏休みを過ごすことになりました。

下の子は実家で従兄弟達と遊んで楽しんでいるようで、それはそれでよかったと思うのですが、もし下の子が感染していて実家の人たちにうつしてしまったらどうしようと心配になります。

今のところそういう症状はないようですが、もし実家が感染してしまったら、高齢の両親が心配ですし、兄の家族にも迷惑をかけてしまいます。

そういうリスクがあることを考えると、やはり今年は帰省しないほうが無難だったんだと思います。

特にとおちゃんは知らないうちに感染してるかもしれませんからね。

一緒にいる上の子はかなり警戒していて、食事の時も対面をさけて斜めに座ったり、とおちゃんが触ったものを消毒したりしています。

まるで菌扱いで、コロナ対策なのか、父親を毛嫌いしているのかわかりません。

毎年近所でやるお祭りも中止が決まっていて、海水浴場も開かなくて、プールも入場規制があって予約が必要。

花火大会も中止で夏の風物詩が消えてしまいました。

そのくせ蝉の声はうるさくて、息苦しいくらいの猛暑がやってきました。

こんな夏は今年くらいなのか、これからずっと続くのか。

なんだか寂しいですね。

f:id:gottuan120:20200212144600p:plain

前向きに考えて、夏休みは毎年実家に帰っているので、今年は自宅で夏を楽しむ方法を考えたいと思います。

こんな時こそできる夏の過ごし方もあると思うので。

             

とおちゃんねるでした。