【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

アフターコロナ

どうも、とおちゃんです。

連日のコロナ関連のニュースに辟易していますが、状況は良くなる気配がないですね。

世界の状況を見ても、いまだに収まっていないし、中国は落ち着いたように見えますが、そう見せているだけで、実際はどうだかわかりませんよね。

このコロナウイルスが落ち着くまでにどれくらいかかるのかというのが気になるところだと思いますが、長引くという漠然とした意見が多く聞かれます。

実際長引いてるし、今の現状を見ると、落ち着くまでにはまだまだ時間がかかりそうだというのは素人目にもわかります。

ワクチンが開発されるまで1年以上はかかるみたいだし、それまでは増減を繰り返しながらもなくなりはしないんだと思います。

インフルエンザみたいな季節性もなさそうだし、風邪と同じレベルで常時感染する可能性がある状態で続くのだとしたら、これからはコロナと付き合って生きていくしかないですよね。

感染ありきというか、風邪にかかるのと同じだと思って生活していかなければいけません。

でも風邪よりも症状は重くなるのでかかりたくはないですから、感染予防としてマスクをしたり手洗いうがい、ソーシャルディスタンスの確保など、今やられている対策は継続していくと思います。

仕事もテレワークや時差出勤が当たり前になり、リモートワークはどんどん進化していくと思います。

学校の授業や病院の診察などもオンライン化され、行かなくても済むようになるかもしれません。

コンビニやスーパーも無人化され、店員と接触することはなくなると思います。

それに伴いキャッシュレス化が進み、ほとんどの店舗でキャッシュレス決済しかできなくなる時代になるような気がします。

現金の受け渡しは感染のリスクを高めますからね。

このようにコロナ後の世界は大きく変わると思います。

世界の常識や人間の生き方みたいなものも変化していく気がします。

ウイルスによってやむにやまれず変化するわけですが、人類はそうやって環境の変化に適応し進化してきた歴史があるので、今回のことも人類の進化に必要なことだったのかもしれません。

もちろんそれによって多くの人が犠牲になり、多くの企業やお店が倒産し、経済に大打撃を受けることはとても辛いことです。

今人類は試されている。

国が世界が一致団結してコロナに立ち向かい、闘って克服していけるか。

そしてコロナが落ち着いた時にどう変化していくのか、どう生きていくのかが重要になるような気がします。

f:id:gottuan120:20200129130222j:plain

もしこのままの状態が10年続くとしたら、10年後はどうなっているでしょう。

それでも人類はその状態に適応して生きているんだと思います。

そのためにも今は2週間後、1年後、10年後のために自分にできることをやっていきます。

そして子供たちを守り、自分を守り、コロナ禍を乗り切りたいと思います。

※コロナ禍:【コロナか】って読むらしいことを初めて知りました。意味は「災い」という意味らしい。ずっとなんて読むんだろうと思っていました(^_^o)

            

とおちゃんねるでした。