【父子家庭ブログ】とおちゃんねる!

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

ママに会いたい!

どうも、とおちゃんです。

コロナウイルスの影響で長引く休校や外出自粛のストレスで、下の子がイライラしていると先日書きました。

 

www.to-channel.net

 

実はその時下の子がテスト用紙に書きなぐった言葉に衝撃を受けていました。

テスト用紙の端っこに、

「ママに会いたい」

って書いてあったんです。

それを見た瞬間凍りついてしまいまして、しばし呆然としていました。

ママに会いたいって書いたことがショックだったわけではなく、下の子がずっと我慢してきたことが、こういう形で露見したことがショックでした。

上の子が不登校になり、母親と会いたくないと言ったため、面会交流を約1年間していません。

上の子は自分が希望したことなのでいいのですが、下の子は会いたくないわけではなく、むしろ会いたいと思っていました。

でも上の子が会わないなら自分も会わないと言っていたため、そのまま二人とも会わずにきました。

下の子にママに会いたいか何度か聞いたのですが、いつも

「どっちでもいい」

「上の子と一緒ならいい」

と言っていました。

上の子に聞くとまだ会いたくないと言うので、会いたいと思うまでは会わなくていいと思っていました。

しかし下の子の「ママに会いたい」という書きなぐりを見たときに、自分は間違っていたんじゃないかと思いました。

下の子の本心を理解していなかった。

いや、わかっていたと思います。

本当は会いたかったってことを。

でも下の子は上の子の様子やとおちゃんの気持ちを考えて、自分の気持ちを押さえていたんです。

上の子が不登校の間一番辛かったのは下の子でした。

色んなことを我慢してきました。

去年は上の子が引きこもっていたので、旅行や外出したくてもできませんでした。

ママにも会えず、家では気を使って過ごさなければいけませんでした。

ようやく上の子が再登校できて、今年は色んなとこ行けるし、ママにも会えると思っていたのに、コロナで自粛。

これではストレスが溜まるしイライラもしますよね。

なによりとおちゃん自身、下の子のそんな気持ちに気付かず放置していたことがショックでした。

この子はずっと我慢していたんだな。

そりゃそうだよ、まだ8歳だもん。

母親が恋しいよな。

離婚したときはまだ6歳で、なんで離れて暮らすのかもわかんないし、母親のことも大好きだったので寂しかったでしょうね。

それからずっと我慢してきたんです。

とおちゃんが我慢をさせてきたんですよね。

正直元妻のことをいまだに許せず、面会も心の底ではないほうがいいと思ってますから、今の状態はとおちゃんにとっては良いことでした。

それはね、子供たちもわかってるんでしょうね。

とおちゃんがママのことを嫌ってるっていうのは伝わりますよ。

だから気を使ってママの話はしないし、会いたいとも言えないんだと思います。

とおちゃんとケンカしてイライラをぶちまけついででしか言えなかったんだと思うと申し訳なく、そうさせてしまったことを情けなく感じます。

「ママに会いたくなったらいつでも言ってね」とは言っていました。

でも言えるはずないですよね。

とおちゃんが傷つくかもしれないから。

そういう子供の気持ちがわかっていながら、そのままにしていました。

この1年それどころではなかったというのもありますが、面会に関しては上の子の状態を理由にして拒否していたことは否定できません。

会わせたくない気持ちがあったんです。

でも今回のことで、子供の気持ちがはっきりわかりましたから、子供が会いたいのに会わせないというのは虐待に等しいと思いますので、近いうちに会わせようと思います。

上の子にも相談してみたのですが、下の子が会いたいなら会わせればいいと言っていました。

でも上の子自身はあまり会いたくない様子。

上の子から聞いたのですが、夜寝る前に下の子が、

「なんで離婚したんだろ。ママに会いたいよ」

と言って泣いていたそうです。

そこまで会いたいのであれば下の子だけでも会わせた方がいいかなと思っています。

本当は上の子も一緒がいいと思うのですが、上の子はもう中学生なので、上の子自身の判断にまかせたいと思います。

f:id:gottuan120:20190322175248p:plain

上の子が不登校になった時も下の子への影響を心配していたのですが、ここへきて溜まっていたものが出始めています。

面会のことだけじゃなく、これから成長するにつれて、ひとり親であることで子供自身が悩んだり苦しんだりすることが増えていくような気がします。

その時にどこまで理解して支えてあげられるか、今から心配でなりません。

             

とおちゃんねるでした。