とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

上の子が不登校になりました。

どうもお久しぶりです、とおちゃんです。

ここのところ1ヶ月以上もブログを更新できませんでした。

というのもこの1ヶ月色んなことがありまして、ブログを更新できるような精神状態にありませんでした。今も精神的にはきついんですが、やはりこの1ヶ月で起こった出来事を誰かに伝えたい、思いを吐き出したいという欲求があり、がんばって書いてみることにします。

まだうまく書けないかもしれませんが聞いてください。

 

4月の半ばくらいのことですが、突然上の子がお腹の調子が悪いというので学校を休んだんです。その時は前の日眠れなかったみたいだし、本当に体調が悪そうだったので、何も考えずに休ませたんです。

次の日が遠足で山登りをする予定になっていて、準備も自分でしていたのですが、どうも様子がおかしい。遠足に行くのが怖い。途中でお腹が痛くなったらどうしようというようなことを言いはじめました。

大丈夫だよ、何かあったら先生やお友達に言えばいいし、心配しなくていいよと伝えたのですが、結局次の日行くことができませんでした。

よくよく上の子の話を聞くと、4月の頭に胃腸炎になったのですが、それ以来食べるのが怖くなったとのこと。実は給食も食べられず残している。家にいるときは安心できるが外で食べるのが怖くなっていると言うのです。

家では普通に食べていたし、全くそんな話をしなかったので、とおちゃんも気がつきませんでした。

上の子が胃腸炎になる前に下の子が先に罹っていました。ちょうど元妻のところにお泊りに行くことになっていて、下の子の様子を見て大丈夫そうだったので行かせたんですね。

そしたら上の子に移ったようで、元妻の家から帰る前にうどん屋で夕食を食べているときに上の子が嘔吐したそうなんです。そのことがトラウマになってしまい、食べて吐いたらどうしようという不安が常につきまとうようになったようです。

 

学校を2日続けて休んだことで行きづらくなったのか、次の日も朝ぐずってしまい行くことができませんでしたが、大丈夫だよ、給食は残してもいいよ、何かあったら先生に伝えておくから心配しなくていいよと言ってなだめて、何とか木金と学校に行くことができました。

行っても大丈夫だったようなので、これで普通に行けるようになるかなと思っていたのですが、土日を挟んで月曜日になるとまた学校に行くのが不安という思いが強くなり、結局月火と行くことができませんでした。

担任の先生に相談し、明日も朝行けなければ先生が迎えに来ることになりました。電話で直接先生とお話して、明日は行くと約束していました。

しかし次の日も朝ごはんが食べられず大泣きして登校時間にでかけることができず、結局3時間目の前くらいに先生がお迎えに来てくれて行くことができました。

行ってしまえば学校は楽しいようで、元気に帰って来るんです。今回先生がお迎えに来てくれたのがキッカケで木金は普通に行くことができました。しかしせっかく行けるようになった矢先に10連休に入ってしまったんです。

連休中に楽しいことをしてストレスを解消させて、うまくやれば良くなるかなとも期待したのですが、結果はうまくいきませんでした。

f:id:gottuan120:20180722215656p:plain

今回の話は長くなるので、続きは次回にします。

自分もまだ本調子ではないので長い文章がかけそうにないので、、、。

                

ブログ休んでる間に1周年経ってました。

とおちゃんねるでした。