とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

ブログを書くということ

どうも、とおちゃんです。

ブログを書きはじめて、早いもので8ヶ月が経ちました。

記事数も130記事を越え、なんとかぼちぼちと更新しています。

ブログを書きはじめた当初、何か新しいことを始めたいって思っていました。

仮装通貨や投資などもやってみたり、今まで敬遠してきたTwitterやLINEなんかもやるようになりました。

その一環としてブログも始めたんですね。最初はうまくできるか不安だったのですが、はてなブログで簡単に始めることができ、今まで続けることができています。

新しいことを始めたいと思って書きはじめたブログですが、だんだん書くことが楽しくなり、更新する楽しみを覚えました。

次第に読者の人が増えてきたり、スターやコメントをいただいたりして、書くことへのモチベーションが上がるのを感じました。

おかげでここまで続けることができているのですが、それでも書きたくても書けない時があります。

忙しくて時間がないこともありますが、書くネタがなかったり、筆が進まなくて書けないことがあります。

今も何書こうか考えながら書いてますが、書きはじめてからネタが決まっていくこともあります。

ブログって様々で、色んな人のブログを拝見していると、そのジャンルも内容も本当に色々です。

よく見るのがHow-toものだったり、商品紹介だったり、「たった3っつの事だった」とか、「~な理由」とか「~の方法」とか。

確かに人の役に立つ情報っていうのはブログに求められることですよね。

他には自分の身の回りの出来事や家庭の様子なんかを上げる日記風のものだったり、漫画やイラストを載せてるブログも多いですよね。

みなさん工夫したり努力して書かれてるなあと感心してしまいます。

とおちゃんは自分の書きたいことを書いてるだけなので、人の役に立つブログではないのですが、アウトプットが大事なんだと思って書いてます。

とにかく自分の思ったことや感じたことを書く。自分の心の中に溜めておくだけじゃなく、出すってことが大事なんだと思います。

ブログを始める前までは、自分の気持ちなんかを誰かに話したり、悩みを相談することもほとんどなく、全部自分の中に溜め込んでしまっていました。

本当は誰かに聞いてほしい、自分の気持ちを吐き出したいと思っていたのですが、それができなかった。そしてブログという吐き出す場所を見つけました。

とおちゃんにとってブログを書くということは、気持ちを吐き出すということなんです。

ブログが吐き出せる唯一の場所だから続けているんだと思います。

f:id:gottuan120:20180722215656p:plain

最初はブログで少しでも収益を上げられればと思っていましたが、Google様がそれを許してくれないので、今は書きたいことを書いてます。

自分の気持ちを吐き出しつつ、少しおもしろく、クスッと笑えるようなブログを目指していきたいと思っています。

                  

今度は小説でも書いてみようかな。

とおちゃんねるでした。