とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

人生に疲れたら走るのを止めてみる。

どうも、とおちゃんです。

突然ですが人生って色々な事がありますよね。いいことばかりではなく悪いことも含めて色々あるもんです。

とおちゃんも就職して結婚して子供が生まれて、そして離婚して父子家庭になってとこの20年の間に色々ありました。

だからわかるという訳ではありませんが、人生には色々なことが起こる可能性があって、どうなるかわからないということがわかりました。

何だかわかるのかわからないのかよくわからない文章になってますが、とおちゃんの場合で言えば、離婚するまでは順調に生きてきたと思っていました。

でも今考えると結婚している間もどこかに綻びがあって、離婚に結び付いていたのかもしれないと思います。

自分の気付かないところで人生というレールが大きく曲がっていた。それに気付かずに突っ走ったら脱線してしまった感じでしょうか。

それまでは確かに順調でしたが、単調でつまらな人生だと感じていた部分もありました。こうなることを望んでいたわけではありませんが、自分の人生このままでいいのかなって疑問に感じることはありました。

それでも子供のため、家族のために突っ走ってきました。そして脱線。

 

元妻の不倫がわかってから数ヶ月は誰にも相談せずに、自分一人でかかえこんでいました。

それが堪えられなくなって親や兄弟に相談し、友人や同僚にも打ち明けるようになってようやく心が少し楽になったのを覚えています。

離婚して父子家庭になってからも、子供のために自分ががんばらなきゃいけないと一人で気負っていました。

でも多くを抱え込んでしまったがためにウツになってしまいました。

それからは突っ走るのを止めました。仕事も適当にこなすだけにして、日々子供とのコミュニケーションだけを大切にし、休むときは休むし頼るべき時は人に頼るようにしました。

「父子家庭で仕事も家事もがんばっているお父さん」という偶像は捨て、だらしなくても子供だけは大切に、他は適当に生きるとおちゃんになりました。

そしたらやっぱり楽なんですよね。楽したいというわけではないのですが、今まで誰かに頼ることが悪いことのように感じて生きてきたのですが、楽しても誰に文句を言われることもなく、助けてもらえることができるとこんなにも心が楽になるのかと感じています。

誰かに迷惑をかけてまで生きるのは申し訳ないとか、人に頼るのが恥ずかしいとか思って突っ走っているとどこかで脱線してしまうかもしれません。

そうやって人生に疲れたら走るのを止めてみると、今の現状や先が見通せるようになって人生が楽になるんじゃないかと思います。

f:id:gottuan120:20180712225600j:plain

このブログを見返すと、突っ走ってた頃のとおちゃんに対して、色んな人がコメントしてくれていました。そのほとんどが無理をしないで周りを頼って休みなさいというコメントでした。

それだけ周りも見ずに突っ走ってたってことでしょうね。

これからは、とおちゃんと同じように苦しんでいる人を見つけたら、休んでもいいんだよってコメントしてあげたいと思います。

                   

人生の休養中。

とおちゃんねるでした。