とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

元妻のことが生理的に受けつけない。

どうも、とおちゃんです。

先日子供たちが通うガールスカウトで、夏のキャンプの報告会がありました。保護者もぜひ見に来てほしいというので、とおちゃんも参加してきました。

子供たち自身が前に出て、キャンプの報告をするのですが、模造紙に発表内容をまとめたものを張り出して説明していました。

子供たちはこのキャンプで色んなことを体験し、学んできたようで、聞いていて子供たちの成長を感じることができました。


が、しかし、、、!


その報告会でキャンプの様子の写真をプロジェクターで映して、スライドショーで見せてくれたのですが、その中に映っていたんです、、、、。

 

あなたには見えるだろうか、、、。闇夜に映るあの人影が、、、、!?

 

 

心霊写真ではありません。

映っていたんです、、、元妻が!!!

 

恐ろしい(T-T)

 

何が恐ろしいって、その場の空気が!

 

ガールスカウトのリーダーたちはとおちゃんが父子家庭になったことを知っているわけですよ。その事情も理解していてキャンプに元妻が参加したこともとおちゃんは知らないことになっているってわかっているはずでは!?

それなのにとおちゃんがいる中で元妻の写っている写真を見せるとはいったいどういうつもりなのか?思わずピリッとしちゃいました。

別に何か言ったわけでも、嫌な顔を見せたわけではありませんが、内心めちゃめちゃ不快でした。

まあでも撮った写真の中に元妻が写っていたからと言って、他の子供たちもいるわけで、その親達もいる手前映さないわけにもいかないですし、いちいち元妻が写っている写真を削除している手間などかけられないのが現状でしょう。

これはガールスカウトのキャンプ報告会であって、一家庭の事情などはっきり言って関係ないですからね。

なので、何も言わず我慢してそのスライドショーを見ていたのですが、けっこうな枚数写り込んでいるわけですよ元妻が!

そもそもとおちゃんは元妻がキャンプに参加することを聞いておらず、それを後から知ったとき、元妻に電話で激怒した経緯があります。

 

www.to-channel.net

 

www.to-channel.net

 

www.to-channel.net

もう忘れかけていましたが、その時の感情を思い出してしまいました。写真を見ていると元妻は夜のキャンプファイヤーにも参加して子供と踊ったり、保護者がやる出し物にも出ていたようで、がっつり目立っていました。

いったいどういうつもりなのか!

遠巻きにキャンプの様子を見るだけならまだしも、保護者の一員としてなに食わぬ顔で参加している神経が理解できません。

とおちゃんに事前に断っての参加であれば許せますが、内緒で参加したあげく保護者面して表舞台に立つなどもってのほかです!

 それをやられたらとおちゃんの立場がないではないですか。とおちゃんだってキャンプに参加したかったですよ。それなのにガールスカウトのリーダーから無理に来なくても大丈夫と言われたので、参加を見合わせたらこういうことだったわけです。

元妻に問い詰めた時に言っていましたが、ガールスカウトのリーダーに頼み込んで参加させてもらった。とおちゃんには内緒で参加したいと口止めをしていたようです。

こんな人間を信用できますか?浮気して離婚になっているわけで、嘘ばかりついている人間を信用なんてできません。自分のせいで離婚になり、子供たちを父子家庭にしておいて、今さら保護者面して参加している元妻に生理的な嫌悪を感じてしまいます。

スライドショーで元妻が映るたびに嫌悪感が込み上げ吐き気すらもよおすほどでした。その時思いました、

「ああ、もうこの人無理だ」って。

子供たちが元妻の家にお泊りに行くときに、毎月1回は会うのですが、顔を見ないようにしています。その時元妻とは近くのコンビニで待ち合わせするのですが、子供たちを元妻の車の側まで送ってすぐに立ち去るようにしています。

元妻も車から降りることもなく、言葉も交わすこともありません。そんな感じなので元妻との関係が良好になることは当面ないと思います。

信用できない人間ですし、もう生理的に受けつけないからです。

f:id:gottuan120:20180712225600j:plain

好きで結婚したはずなのに、今ではこんなにも嫌悪しているのは不思議なもんですね。夫婦といえど所詮は他人ですから、一度嫌いになったらそれまでかもしれません。

それでも子供にとっては大切な母親ですから、子供たちが望むなら会わせるし、それを奪うことはできないと思っています。

子供たちはとおちゃんと元妻に仲良くしてほしいと思っているかもしれませんが、こればっかりは申し訳ないけど難しいです。

もっと時間が経って、過去のことになれば変わってくるかもしれませんが、、、。

今はまだ生理的に受けつけません。

                

早く忘れて前に進みたい。

とおちゃんねるでした。