とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

お盆のお墓参り。

どうも、とおちゃんです。

昨日はお盆で家族総出でお墓参りに行ってきました。

毎年8月13日には家族が集まり、父方、母方双方の実家に墓参りに行きます。父の実家も母の実家も近いので、いっぺんに2ヶ所回ります。

地元では夜にお墓参りをする習慣があり、昔は提灯を片手にお墓のあるお寺に行き、お墓参りをした後、実家の仏壇にお参りに行きます。夜に親の実家に行くと親戚が集まっていて、宴会のようになっており、久しぶりにあった親戚たちがお酒を飲みながら話に花を咲かせます。

今はだいぶそういう風習がなくなってきていて、お墓参りも忙しいから昼間に済ませて実家には寄らなかったり、軽く挨拶だけして帰る人が多くなりました。

とおちゃんも大学生くらいの頃はお墓参りから遠ざかってしまい、行かなかった年もありました。その頃って自分のことしか考えていなくって、お墓参りなんて面倒だし意味がないと思っていました。

罰当たりな若造でしたね。ご先祖様のおかげで今の自分がいるわけで、お墓参りをすることで先祖の霊に感謝をし、また自分を守ってもらえるよう祈りを捧げるんです。そういうことが大事だって今ならわかります。

そして子供たちにも教えていかなければいけない立場になりました。うちの子も小さい頃にはお墓参りに連れていっていましたが、毎年お盆に帰省できていたわけではないので、ここ最近ですね、きちんとお墓参りできるようになったのは。

子供たちにとっては新鮮なことで、いとこたちと一緒に肝試し気分でお墓参りするのが楽しいみたい。よく知らない親戚の人がいても動じないでいられるので、良い経験になっています。とおちゃんは良く知らない親戚がいると「早く帰ろう」と親に言っていたので、うちの子供の方が社交性は高いようです。

お盆の時期は県外に出ている親戚や同級生たちも帰省することが多いのですが、とおちゃんが離婚して父子家庭になったことは広まっているので、誰かに会うたびに「大丈夫か、大変だったね」と声をかけられます。

もうだいぶ慣れたので良いのですが、去年はまだ離婚の話し合いの最中だったので、声をかけられるのが辛かったですね。田舎は噂が広まるのが早いので、その時点で親戚中、町中が知っている感じでした。

 今年のお墓参りはどうだったかというと、親戚とかに会わなかったので突っ込まれることはありませんでした。そのかわりうちの親から色々とダメ出しをされたりしてイラッときたので、それはまた次回の記事にまわします。

とりあえずご先祖様のお墓参りをして、父子家庭になった報告と、今後のとおちゃん家を見守ってもらえるよう手を合わせてきました。子供たちもしっかりお願いごと?をしてましたよ(^_^o)

f:id:gottuan120:20180813161639j:plain

先日キャンプから帰った夜に、新潟花火を見に行った時の写真です。ハードな1日で疲れましたが、下の子は花火のことを絵日記に書いていたので、思い出に残ったようです。

お盆は色々とイベントがあって、良い夏休みになりました。

                    

今日は手持ち花火もやりました。

花火三昧のとおちゃねるでした。