とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

海だ!キャンプだ!「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」

どうも、とおちゃんです。

新潟帰省3日目。

8月11日~12日の1泊2日で、兄家族と一緒にキャンプに行ってきました。

実家から程近いところにある、「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」です。

ここは海が目の前にあるキャンプ場で、海水浴もできるので、夏は県外からもキャンプに訪れる人がたくさんいる人気のキャンプ場です。なので夏は予約が取りづらく、2ヶ月前から予約開始なのですが、その日からすでに予約の電話がつながりにくく、すぐに予約でいっぱいになってしまいます。

兄ががんばってお盆休みの超ハイシーズンに予約を取ってくれました。キャンプ歴の長いとおちゃんですが、何ヶ月も前から予約してキャンプというのをあまりしません。当日天候が悪かったり、体調が悪くて行けなくなると嫌なので、予約せずに行けるキャンプ場を選ぶことが多いです。

なのでこの「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」は雑誌などで取り上げられていることも多い人気のキャンプ場で、とおちゃんも泊まってみたいと思っていましたが、1度も行ったことがなかったので、今回楽しみにしていました。

f:id:gottuan120:20180812155840j:plain

このように海が目の前にあるキャンプサイトで景色が良く、波の音が間近に聞こえて、テンションが上がります。

もちろん海に入り放題なので、子供たちもテンションが上がります。テント設営を終えるとすぐに海へGO!

しかしこの日は波が強く、やや荒れ気味だったので、子供が泳ぐにはすこし危険な感じ。うちの子は海にはあまり慣れていないので、波に押されてひっくり返ったり、どんどん流されてしまったりするので、気が気じゃなかったです。

それでも子供たちは十分海を堪能して楽しかったみたいです。

f:id:gottuan120:20180812160523j:plain

同じ公園の敷地内にお風呂もあるので、海で塩まみれになった体を洗いました。今回のキャンプでは兄家族が一緒で、お風呂も兄の奥さんが子供を見てくれるので安心です。やはりキャンプでは女手があると父子家庭には助かります。

お風呂から帰ってくるとこんな夕日が。日本海に沈む夕日が見られるのもこのキャンプ場の醍醐味ですね。

f:id:gottuan120:20180812161032j:plain

夜はバーベキューをして、子供たちは肝試しなんかして遊んでましたね。いとこたちとたくさん遊べて楽しんでいましたよ。ただこのキャンプ場花火禁止だったので、たくさん持って行った花火ができませんでした(。>。<。)

残念がっていましたが、夜空を見上げると満点の星空が!ちょうどぺルセウス座流星群が見ごろという時で、じっと見ていると流れ星が!

みんなで星空観察会の始まりです。寝転んで空を見上げていると、数分に1回見えるかくらいのタイミングで流れ星が見れました。

子供たちは見えた、見えないで大興奮。何か願い事した?って聞くと、早すぎてそんな暇なかったそうです。とおちゃんも流れ星に願い事なんて頭はすっとんでいて、「ああ!」とか「流れた!」とか「あそこあそこ、ほら!」とか言ってる間に流れてしまいました。

そんなこんなで就寝。夜は波の音や風の音が心地好く、、、っていうレベルではなく、日本海の荒波と強風の音がひどくうるさいくらいでした。とおちゃんはお酒をしこたま飲んだので寝れましたが。

次の日二日酔いで頭が痛かったのですが、テントの中が暑くなってきたので強制的に起床。子供たちはすでに「朝活」と称して散歩に行ったり波打ち際で遊んだりしていました。

子供たちはすぐにでも海に入りたいようで、朝ごはんを早々に食べると、水着に着替えて準備万端。テント撤収後もう一泳ぎして帰りました。

とおちゃんも久々の海でテンションが上がって、子供に戻って楽しみました。おかげで帰ってから眠気がひどく、身体がダルくて一眠りしてもまだダルいです。

久々の海キャンプ楽しかったです。「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」は海キャンプには最高のロケーションなので、予約は大変ですが1度行ってみる価値のあるキャンプ場ですよ!おすすめです。

                 

夏、海、キャンプ

最高ですね。

とおちゃんねるでした。