とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

とおちゃんの自己啓発その5「人生で大切な事は、たった3つの事だった」

f:id:gottuan120:20180710212240p:plain

どうも、とおちゃんです。

とおちゃんの自己啓発シリーズも5回目になりました。このへんで一区切りつけようと思います。過去記事はこちら。 

www.to-channel.net

www.to-channel.net

www.to-channel.net

www.to-channel.net

 とおちゃんは自己啓発を行う中で、時間と人とお金への不安が自分を生きづらくしていることに気づきました。まだそれらの不安を取り払うことはできていませんが、徐々に自分の人生観が変わってきているように思います。

記事を書きながら、自分の考え方を整理するうちに、人生で大切なことってそんなにたくさんあるわけではなく、すごくシンプルなことだと気づきました。とおちゃんは余計なことを考えすぎて不安になったり、恐れたりして生きてきました。でもそういう不安や恐れってたいていシンプルに考えるとどうでもいいことだったり、余計なことだったりして、本当に大事なことを絞っていくと、いらない考えであったことに気づいたんです。

余計な考えを削ってシンプルに人生で大切なことって何か考えたら、大きく分けて3つの事なのかなと思います。

 

1 生きること

まずは生きる事が大事。当たり前ですけど生命を持って生まれたからには、生きることを求められます。人間は生まれてから親元から自立するまで20年近くかかります。高校卒業までと考えても18年。親は子を育て、子は親の助けで成長し、巣立っていきます。これほど自立まで長くかかるのは他の動物ではありえません。

人間はその間生きることを求められます。自ら死を選ぶ子や、親が育てられず亡くなってしまう子も残念ながらいます。しかし生きることは、生まれた者の守られるべき権利であり、だれもが生きることを自ら選ぶ権利があります。

生きたいと思うこと。まずはそこからスタートです。子供の時は意識せず生きていても、大人になるにつれて、生きることが当たり前でないことに気づきます。今までは親のおかげで成長できたが、自立するに当たり、自ら生きるということを突きつけられます。

耐え切れなくて生きることを止める人もいます。不安で親の庇護から離れられない人もいます。もし、人生を楽しみたい、全うしたいと思うなら、まず生きることを選ぶことが大事です。まず生きる、とりあえず生きる。シンプルに考えると、生きることこそ人生で一番大切なことだと思います。

 

2 収入を得る

生きるためには食べていかなければいけません。人間何も飲まず食わずでは生きていけません。食べるためにはお金が必要です。完全自給自足は今の現代社会においては難しく、子供がいればまず無理です。

ではどうやって収入を得るか。働いて給料をもらうでも良し、手当や年金、生活保護などの制度を利用するのでも良し。とにかく社会のルールは守りつつ、何らかの方法で収入を得られれば、生きていけます。生きるためにはお金が必要です。だからといってお金のために生きるのではなく、あくまでお金は生きていくためのツールで生活のための手段です。

とりあえず生活できる最低限の収入があれば、生きていけます。贅沢な暮らしがしたいとか、余裕を持った人生を送りたいという考えは、人生をシンプルに考えるとそぎ落とされるものです。生きていく最低限の収入が確保できればとりあえずそれでいいんです。

 

3 生きる目的を持つ

生きていくだけの収入があり、実際生きているけれども、生きる目的がなければ人は生き続けられないと思います。働いて稼いで、食べて生活して、そして死んで行く。それはそれでシンプルな人生ですが、人は目的を持たずに生きていると辛くなります。何のために働き、何のために生きるか。生きる意味を見出だせず、生きる目的を失ってしまえば、自ら死を選ぶ結果になりかねません。

人は目的がなければ動けないもんです。無意味な行動はしたくないです。目的もなくあてのない旅って夢があるようで、実はとってもしんどいと思うんです。いつまでたっても終わりが見えないことを続けるのってかなり忍耐が必要です。目的もなくただ生き続けることは、人生ずっと忍耐をし続けるってことです。

辛いだけの人生では生きている意味が感じられません。生きることを楽しいと思うために目的は必要だと思います。でもね、生きる意味や目的を見つけるって、きっと一番難しいことだと思うんです。誰もが人生の意味や、目的を探していて、見つけられずに悩んでいるのかなと思います。

4 まとめ

シンプルに考えると、人生の目的って結局生きることそのものなのかなって思います。とおちゃんも人生の意義とか目標とかいろいろ考えていますが、なかなかこれが自分の生きる道だってのが見出だせないでいます。それでも生きています。そう言うと生きることに目的なんていらなように聞こえますが、目的を探しつづけてはいます。きっと答があると信じています。でないとやっぱり生きていけないからです。

人生80年として、とおちゃんは半分を過ぎました。とおちゃんは夏が好きなのですが、この夏もあと40回しかこないんだと考えると、少ないような気がします。人生は長いと考えるか短いと考えるかは人それぞれですが、とおちゃんは42回目の夏が過ぎた時に、きっと43回目の夏を期待してると思います。80回目の夏を過ごした後にきっと81回目の夏はどんなだろうと想像してると思います。

つまりとおちゃんは生きていたいんです。長生きしたいとかじゃなくって、明日も生きていたいと思っているだけなんです。それだけでいいんじゃないかな。それが生きる目的。明日も生きていたいから今を生きる。人生で大切な事ってそんなシンプルな考え方でいいんじゃないかと思うんです。

 

               

今日も生きててよかったです。

明日も生きます。とおちゃんねるでした。