とおちゃんねる

娘2人の父子家庭の日記です。父子家庭ならではの悩みや日常を発信できたらと思ってます。

車の修理と車検。ついでにホンダN-VANの情報も。

どうもとおちゃんです。

先日叔母が交通事故を起こし、我が家の車がかなりのダメージを受けたので修理に出すことになりました。先日と言ってももう2ヶ月も前の話で、早く修理に出そうと思っていたのですが、いろいろあって今ごろになってしまいました。

叔母の事故に関してはこちらの記事を参照してください。

 

www.to-channel.net

 今回の事故、叔母の信号無視が原因なので、過失が100%叔母にありました。幸いお互いにケガはなく、車の保障だけで済みました。しかし車両保険に入っていなかったため、相手の車の修理代は保険で対応できたのですが、自車の修理代が保険適用にならず全額自腹で出すことになってしまいました。

車はスバルのステラなのですが、左の前後ドア2枚とも交換が必要なうえ、ピラーまでへこんでしまっているため、修理代の見積もりが60万を超えてしまいました。しかも6月に車検を控えていたため、総額70万超の出費です。

修理で70万円!

無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーー!!!

ほんと無駄な金です。

とおちゃん自身は別の保険に入っていて、車両保険も付けてるんです。ただ今回事故を起こした車が父親から譲り受けた車で、名義も保険も父親のままだったんです。早くとおちゃん名義の保険に変更しておけばよかったのに、こればっかりはどうしようもなく悔やまれます。

とにかく車検を通すには直すしかなく、車検の期日は刻一刻と迫っています。事故を起こした車は7年目のステラ。70万払って車検を通して乗り続けるか、いっそのこと新車を買って乗り換えるか。迷ったので叔母にどっちがいいか聞いてみました。そもそもとおちゃんは今まで乗っていたホンダのステップワゴンを手放したため車がない状態。父親から譲り受けたステラは、ペーパードライバーの叔母がとおちゃんたちと一緒に住むにあたり、田舎なので車がないと不便だからと、叔母が乗る用に譲り受けたもの。叔母の意見を聞かないわけにはいかないのである。しかしこの時点でとおちゃんの気持ちとしては、「70万払うなら新車買った方がいい」になっており、事故を起こした叔母ももう運転が怖いと思っているに違いない。だったら、とおちゃんが乗る用に新車を買って良いのではと考えていました。

しかし叔母の答えは以外にも、

「修理して乗ろうよ、お金は出すから」

「え?まだ乗る気なの?あんな事故起こしたのに?」

「乗るわよー。せっかく慣れてきたとこなのに、新車買ったらまた勝手が違うし、またぶつけたら悪いから今の車の方がいいわよ。」

「、、、、、、。」

叔母には借りがあります。一緒に住んでくれたこと。毎日子供の面倒を見てくれていること。毎日家事をやってくれていること。

いかに叔母のせいで70万無駄になったとはいえ、文句は言えません。それ以上のことをしてくれているからです。

とおちゃんも腹をくくりました。

「わかった、じゃあ修理するね」

というわけで現在修理&車検で車がありません。3週間くらいかかるそうです。

修理の見積もりを3社くらい回って見てもらいましたが、どこも金額は同じくらいだったので、長くお世話になっているホンダのディーラーにお願いしました。

ホンダさんからは再三買い替えを勧められましたが、事情を説明してお断りしました。他社の車の修理でしたが快く引き受けてくださいました。

その時にホンダNシリーズのN-VANが夏頃出るという情報をキャッチしていたので、カタログをもらってきました。まだ発売日も価格も正式に発表されていないのですが、見積もりまで出してくれましたよ。N-BOXやN-WGNなど売れまくっているホンダのNシリーズですが、そのNシリーズの商用バンです。もともとホンダにはバモスというバンがあったのですが、生産終了となり、その変わりに出るのがこのN-VANなのです。

 

 見た目はN-BOXに近いですが、特徴的なのは室内のシートアレンジ。

このように運転席を除いてフルフラットになります。ここまでフラットになる車をとおちゃんは他に知りません。とおちゃんがN-VANに惹かれる理由はこのシートアレンジです。車中泊やキャンプにもってこいではありませんか。しかも軽で維持費も安いし、これに買い替えることができたら!

発売が夏頃ということで、まだ先なのでいずれにしてもステラの車検に間に合わないので修理するしかなく、修理したら70万かかるのでしばらく新車に買い替えることはできそうにありません。お金をためてN-VAN買うぞ!

いつになることやら、、、。

 

                                  

お金が出ていく一方で、もう寝るしかない。

とおちゃんねるでした。